スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


座頭一

感想。 最高の作品ですな。。。 時代劇が進化した。驚きだ新鮮だ リズム感もあり、笑いもあり、満点です。 ただ、子供には悪影響みたく書かれているが 私は別に、見せてもえぇと思う。 バトルロワイヤル観てないょぉ。 映画館恐怖だからTVで観るょヽ(`Д´)ノ タップだけでも、ひとつの作品ですよね。 51C87AA2Z7L.jpg

勝新太郎の代表作「座頭市」を、長年の念願でもあった 北野武監督が映画化。 監督自ら考案・指導したスピード感と迫力に満ちた 殺陣をはじめ、 独自の解釈と工夫で描く エンターテインメント・アクション時代劇。 主演はビートたけし。共演に浅野忠信。 岸部一徳、柄本明らベテラン、実力派俳優が脇を固める。 2003年ベネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品作。   その日、訳ありの三組が同じ宿場町にやってきた。 一人は金髪で朱塗りの杖を持ち、 盲目の居合いの達人・座頭市。 もう一組は浪人の服部源之助とその妻おしの。 殿様の師範代という身分を捨てた服部は、 病気を患う妻のために用心棒の職を探していた。 さらにもう一組、旅芸者のおきぬとおせいの姉妹。 彼女たちの三味線には人を殺めるための 仕掛けが施されていた。 それぞれに影を秘めた三者の皮肉な運命の糸は、 町を仕切るヤクザの親分・銀蔵と大店の主人 ・扇屋を介してついに交錯、 やがて因縁や怨恨の入り交じる壮絶な闘いが幕を開ける。
スポンサーサイト

テーマ:うつと暮らす - ジャンル:心と身体 2006.02.13 / (●・`д・)っ北野武
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。